草津まちづくり株式会社は、まちに魅力と賑わいをつくることに力を入れ、「地域を動かし、まちを変えていく」使命を持って、滋賀県草津市のまちづくり実現のサポートにあたります。

文字サイズ

  • 標準
  • 大

メディア掲載情報

草津まちづくり株式会社のメディア掲載情報です。
新聞、雑誌、テレビなどの掲載情報をご覧いただけます。

トップページ > メディア掲載情報

2015.6.5

読売新聞 しが県民情報に掲載されました!

カテゴリー:新聞・雑誌

平成27年6月5日(金)読売新聞 しが県民情報に掲載されました。
 
読売新聞 しが県民情報に掲載されました!
 
人憩う庭とショップ 
JR草津駅東口前 niwa+(ニワタス)
 
 
JR草津駅東口前(草津市渋川)に昨年誕生した商業施設「niwa+(ニワタス)」
公園風の広場にしゃれた店が並び、ベンチで人が憩う。
また月に1回、市が立つなど地域交流の場としても機能し始めている。
 
 
商店街つなぐ交流の場
 
同駅の利用者は1日約9万5000人と県内最多。
東口周辺には百貨店の他、史跡草津宿本陣などの名所旧跡につながる商店街などがある。
駅前にある土地約1600平方メートルは市有地で用途が定まらず、
駐車場などに使われながら2009年頃からはフェンスに囲まれて立ち入り禁止になっていた。
せっかくの地域の一等地を活用しようと、06年に市民らと市がまちづくり委員会を設立。
13年、市民が憩える「庭」にする計画を策定して本格的な整備事業を開始。
「庭」に人や店、イベントなどを足した広がりのある場所として、
14年7月にニワタスが誕生した。
 
敷地の4割にパン、和菓子、イタリアン、カフェ、インテリア雑貨の5店舗があり、6割が緑地帯。
ベンチを置き、毎月、市民ボランティアが花壇に季節の花を植える。
親子連れなどがのんびり過ごす姿が見られるようになっている。
店同士も連携し、スタンプラリーを企画したり、
ハロウィーンジャンボカボチャのランタンを製作して店舗に飾ったりと盛り上げる。
テナント会代表を務める大道洋一さん(36)は
「お客さんからは『新しく立ち寄れる場所ができた』と言われ、うれしい。
気楽に立ち寄れるオシャレな場所づくりを心がけたい」と意気込んでいる。
 
 
月1回マルシェ「立ち寄って」店連携
 
地域交流の場にしようと同年12月からほぼ月1回、イベント「ニワタスマルシェ」を開催。
各店が限定メニューを販売する他、回を重ねるごとに
ニワタス内の和菓子店とパン店が協力して作った限定あんパンを売り出したり、
雑貨店のカップにイタリア料理店のパフェを乗せて販売したりと、合作メニューも登場するように。
また緑地帯には県内外の作家によるアクセサリーや生鮮野菜などの出店も並ぶ。
5月下旬に行われたマルシェでは県内で活動するジャズグループのコンサートなども行われ、
約1000人の人出でにぎわった。
 
ニワタスを運営するのは市や地元企業が出資する草津まちづくり株式会社。
取締役の桂田博さん(60)は「草津宿本陣など地域の名所へ散策してもらうきっかけの場所になれば。
今後も『市民の庭』として多くの人に関心を持ってもらえるよう、様々な仕掛けをしていきたい」と話している。
6日午後4~7時、ハワイアンバンドによる夕暮れコンサートが行われる。
次回のマルシェは28日午前10時~午後4時。雨天中止。問い合わせは同社(077・564・5888)へ。

このページの先頭へ

Copyright © 草津まちづくり株式会社. All rights reserved.